産後骨盤

産後骨盤

産後、体の痛みだけでなく、スタイルが戻らないといった悩みを抱える方が多くいます。
そんな時に「産後骨盤矯正」で悩みが解決できたら、と思う方が多いのではないでしょうか。
では、産後骨盤矯正の施術を受けるメリットや、藤接骨院の産後骨盤矯正の特徴をご紹介します。

産後骨盤矯正とは

産後骨盤矯正とは、妊娠出産によって開いてしまった骨盤を整える施術です。 産後開いてしまった骨盤は、生活習慣などで骨盤に負荷がかかることで、歪んでしまうことがほとんどです。 この開いて歪んだ骨盤をケアするのが骨盤矯正になります。 では具体的にどのような施術なのか、詳しく解説します。

広がった骨盤をもとに戻しやすくする「お手伝い」の役割

後骨盤矯正の役割。 それは、骨盤を元に戻すためのサポートです。 まず、出産による骨盤の変化には、リラキシンという女性ホルモンが関係しています。 出産時、赤ちゃんの産道を確保するためにリラキシンが分泌され、仙腸関節と恥骨結合という2つの骨盤にある靭帯が緩みます。 そして骨盤が開くことで、赤ちゃんが産道を通れるようになるんですね。 産後、広がった骨盤は徐々に元に戻ろうとします。 しかし、産後も靭帯を緩めるリラキシンが分泌されたり(大体産後半年前後まで) 産後6ヶ月前後までは、靭帯は柔らかく緩んでいることもあり、骨盤が安定しません。 骨盤が安定していない状態で、妊娠前の姿勢のクセ(猫背、横すわり、足組み、片足重心など)はもちろん、子育てによる骨盤への負荷で、骨盤は歪んでしまいます。

一方の筋肉だけ過剰に負担がかかってしまったり、逆にうまく使えていない筋肉があることで、筋力や柔軟性に左右の差が生まれてしまいます。
この差が、バランス悪く骨盤に負荷を与え、骨盤の歪みにつながっていくのです。
さらに、筋肉の使い方のバランスが悪くなることで、筋肉が凝り固まってしまうのです。
歪んだ状態のまま、骨盤周りの靭帯は固定されてしまうと、なかなか自力で元に戻すのは難しいのです。
そこで産後骨盤矯正では、開いた骨盤を正しい位置へ戻るよう、施術者が圧をかけてゆっくり引き締めていきます。
その時、すでに歪んでしまっている骨盤に対しては、ズレを調節するよう施術を行います。

出産により筋力低下した部分にもアプローチ

妊娠出産で、実は筋力が低下してしまうということをご存知ですか? この筋力低下が、骨盤の歪みを引き起こしているのです。 出産時、「骨盤底筋群」という骨盤の底にある筋肉は、大きな損傷を受けます。 骨盤底筋群は、骨盤の中の内臓を支える筋肉です。 妊娠すると、徐々に大きくなってくるお腹を支えるため、かなりの負荷がかかります

その負荷がかかった状態で、分娩時にはさらに骨盤底の筋肉や靭帯などが引っぱられて、かなりのダメージを受けます。
筋肉や靭帯が断裂したり、小さな傷が多数できたりすることで、弛んだままになってしまうこともあります。
また、妊娠中大きくなっていくお腹は、同時に腹筋も引き伸ばされます。
引き伸ばされダメージを負った結果、筋力が低下してしまうのです。
また、妊娠中は思うように動けず運動不足になりがち。
妊娠中の体の変化による筋肉へのダメージだけでなく、運動不足によるインナーマッスルの筋肉低下もあります。
これらの筋力低下が原因で、骨盤が正常の位置に戻りにくくなり、歪みやすくなってしまうんですね。
産後の骨盤矯正では、筋力が低下してしまった部分にアプローチをします。
骨盤底筋群、インナーマッスルと呼ばれる腸腰筋を鍛えることで、正しい位置に戻した骨盤をキープする力が付きます。
結局、筋力がついていないと、骨盤を正しい位置に戻したところで保つ力がないため、また歪んだ位置に戻ってしまいます。

産後骨盤矯正のメリット

産後骨盤矯正を受けることで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
「産後骨盤矯正はやったほうがいい」という情報は知っていても、どこがどう良くなるということを詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
では詳しく効果を解説しますね。

ホームページ限定特典LINE友だち追加で

LINE予約の手順

友だち追加→ご希望日時を送信→当院よりご連絡→ご予約確定

友だち追加

STORES店舗一覧