最新情報

産後の骨盤矯正用ガードルは必要?期待できる効果や選び方とは

産後、なかなか体が元に戻らないことを気にするママさんの声をよく耳にします。

産後の骨盤矯正を目的に、ガードルを使用することを検討している人に、今回は産後骨盤矯正用ガードルの必要性や効果、おすすめ商品などご紹介します。

産後に骨盤矯正用ガードルは履いた方がよい?

出産前から、産後の骨盤の歪みを気にして、いろいろな骨盤矯正グッズを調べる人も多いですよね。

産後の骨盤矯正用ガードルは、骨盤を補正するという効果が期待できます。

骨盤矯正の施術のサポートとして骨盤矯正用ガードルを毎日使用すると、どのような効果があるのでしょうか。

正しい使い方や、いつまで使用するのが良いのが確認しましょう。

産後用ガードルで期待できる効果

産後用のガードルでは、そんな効果が期待できるでしょうか?

使用することで、どのような体の変化があるかみてみましょう。

見た目への変化

産後用ガードルでしっかり装着することで、見た目の変化がはっきりわかります。

普段のショーツだと、お腹のお肉がはみ出して2段腹になってしまうという人でも、産後用のガードルでお肉をおさえこむことで、くびれたウエストラインができます。

隙間のない太ももや、垂れたお尻も、きゅっと引き締めることで、パンツスタイルに自信が持てるんです。

産後用ガードルは毎日履くことがポイント
最初は少し窮屈に感じるかも知れませんが、だんだんと締め付けが気にならなくなる人が多いようです。
それは体が変化して細くなってくるから。
筋肉を体に意識させることをサポートするので、ガードルを履かないと、垂れたお尻やぽっこりお腹がそのままになってしまうのです。

骨盤の回復をサポート

いち早く美しいシルエットを戻すことができる産後専用のガードル。
見た目の変化だけでなく、骨盤の回復をサポートするという役割もあります。

産後専用ガードルは、開いた骨盤を引き締めることで、内蔵の位置を正しい位置に整え、代謝を良くすることで、むくみや冷えを改善する効果が期待できます。

代謝が良くなると免疫力が上がり風邪を引きにくくなるなど、体調不良になりにくい、いきいきとした体を保つことができます。

出産後、体が徐々に回復していく期間は産後3ヶ月といわれています。
この3ヶ月で、体は元に戻ろうと変化をしますが、中にはなかなか元に戻らず、気になる部分のお肉がそのままになってしまう人も。

妊娠中の骨盤は、ホルモンバランスの変化によって徐々にゆるみ、出産に向けて開いていきます。
産後、体は元の状態になろうと変化していくのですが、この開いた骨盤だけはなかなか自然に元に戻ってはくれないのです。

開いた骨盤のまま、産後の生活を送っていると、体質や習慣の影響で開きっぱなしで固定されてしまう可能性もあります。

骨盤が開き、崩れたお尻はまさに「おばさん体型」。
太ももはパンパン、さらにむくみや冷えなど引き起こすことも。

そうならないために、産後専用ガードルで、骨盤を正しい位置へサポートする必要があるのです。

 

骨盤の開きによって、体型の崩れはもちろん、肩こりなどの体の不調も引き起こされる。

使う期間はいつからいつまで?

産後用ガードルは、産後1カ月ごろを目安に着け始め、一般的に骨盤が安定するといわれている産後6ヶ月ぐらいまでの着用がおすすめです。

産後すぐに使用できるガードルもありますが、産後は悪露が落ち着いてからの使用を目処にしましょう。

あまり早く使用して、内臓を圧迫したり、ストレスになるような使い方をしてしまうと、体の負担になってしまうことがあります。

産後の骨盤矯正用ガードルの選び方

産後の骨盤矯正用ガードルには、さまざまな種類があります。

自分の体や目的に合ったガードルを使用することで、本来の効果を得られます。

自分に合うガードルの選び方をみてみましょう。

自分の目的に合った商品を探す

産後の骨盤矯正を目的にしたガードルには、骨盤ガードルや、補正ガードルなど、名前もいろいろあり、選ぶのが難しいですよね。
そんな時は、自分の目的に合った商品を探してみましょう。

サポート感・履き心地

産後の骨盤ガードルで、最も気になるのが「締め付け感」ではないでしょうか?

元々締め付けるような下着が苦手、という人も少なからずいるはずです。

サポート感、履き心地でいうと、「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」があり、中間では「ミディアムタイプ」の3タイプに分かれます

ソフトタイプ

締め付ける下着が普段から苦手という人は、まずソフトタイプがおすすめ。

無理をして慣れない苦しいガードルを使用することで、動き辛かったり、気分が悪くなる恐れもあります。

今までガードルを履いたことがない人には、まずは履き心地重視ででソフトタイプを選ぶと良いでしょう。

ハードタイプ

妊娠前からガードルを履き慣れているという人には、ハードタイプがおすすめです。

ハードタイプは補正効果が高く、効果を実感しやすいため、ソフトタイプでは物足りないという人にピッタリ。

気になるところをしっかり押さえてくれるので、安心感もあります。

ミディアムタイプ

ソフトタイプよりもう少ししっかり引き締めたい人にはミディアムタイプがおすすめ。

ソフトとハードの両方の良さがあり、程よいサポート力と、動きやすさが特徴です。

また、ハードタイプより薄手のものが多いので、パンツに響かないのもいいですね。

ウエストの高さ

産後用の骨盤ガードルには、ウエストの高さで期待できる効果も異なります。

主に、ローウエスト・ミドルウエスト・ハイウエストの3種類がありますが、体型はもちろん、服装などで使い分けることもあります。

ローウエスト

出典: flufeel

お腹を押さえる力は弱いものの、洋服を選ばず、普段のショーツ感覚で履けるのがローウエストの良さです。

骨盤ガードルの効果をしっかりと感じたい人には物足りなさを感じるでしょう。しかし、お尻をちゃんと包み込み、キレイな形に整えてくれるものを選ぶと、程よいホールド感が快適に感じるはずです。

ハイウエスト

出典: cecile

ぽっこりお腹が気になる人は、ハイウエストタイプがおすすめです。
ローウエストタイプやミドルウエストタイプでは、お腹のお肉がはみ出てしまうことも。

ぽっこりお腹を引き締めて、たるんだお肉を正しい位置に戻してくれます。くびれたウエストでシルエットが美しいので、タイトなトップするでも細見えができるのが嬉しいです。
また、サポート面が広くなるので、姿勢も良く見えます。

 

裾の丈

産後用の骨盤ガードルで、どの裾丈が良いか迷うことはありませんか?

裾丈の違いで、得られる効果や履き心地も変わってきます。

ロング丈

太ももからお尻にかけて鹿しっかりサポートすることで、見た目がかなりスッキリ見えます。

骨盤の開きをサポートする効果が期待できる商品もあり、太ももシェイプやヒップアップなど徹底的にケアしたい人にはおすすめです。

出典: cecile

ショート丈

骨盤やお尻まわりはしっかりとサポートしてくれるショート丈。

洋服も選ばず、普段使いしやすいガードルです。ロング丈よりサポート力は低くなるので、効果を優先する場合はロング丈が良いでしょう。

出典: cecile

スパッツ・レギンスタイプ

こちらはガードルというより、着圧ソックスの一種ですが、最近では骨盤補正ができる商品もあります。

トレーニングウエアとして、ウォーキングしながら骨盤にアプローチする商品など、サポート的な側面で使用されることが多いです。

出典: サンテラボ

口コミや人気ランキングをチェックする

売れ筋ランキング上位の商品は良いものである可能性も高いです。

商品選びで最初にいくつかに絞りこむときはランキングを参考にするのもアリ。
口コミで実際に使った人の感想を参考にして、自分に合いそうな商品を比較しながら選べるのがいいですね。

産後の骨盤矯正用ガードルの人気商品

産後の骨盤矯正用のガードルで、どの商品が人気か気になりますよね。

産後におすすめの骨盤矯正用ガードルの人気商品を産後骨盤矯正のプロの目線でランキングでご紹介します。

※掲載商品は、効果効能を保証したものではなく、ご購入にあたっては各商品をご確認ください。

バンビウォーター スタイルガードル

バンビウォータースタイルガードルは、履いた時のシルエットが美しく、気になる部分をカバーしてくれます。

生地は特殊縫製の計算されたネット構造。
ハイウエストで、ぽっこりお腹を包み込むように補正します。

骨盤の前後左右の歪み、ズレを、2層のメッシュ素材パワーネットが整え、骨盤を引き締めます。

垂れヒップに対しては、左右と下からしっかりと圧をかけることで、お肉を集めて丸いヒップに整えることが可能です

三恵 Sakura Shape(サクラシェイプ)

三恵 Sakura Shapeは、骨盤ベルトとガードルの機能の一体化を実現。
骨盤周りを整え、お腹と太ももをしっかり引き締める、強力パワーネットの2重構造となっています。

また、骨盤の歪みを徹底サポートする、ベルト状に裏打ちされたパワーネットが、仙腸関節を支える腸骨、仙骨、大転子の3カ所をしっかり引き締めます。
ヒップの部分は立体構造となっており、ヒップアップはもちろん、姿勢も正すこともできる優れものです。

ATSUGI 骨盤メイク 骨盤クロス ショーツ 補正 ソフト

履き込み深めの骨盤クロスショーツで、普段使いしやすい産後骨盤矯正アイテムです。

クロスのパワーネットが骨盤部分を引き締め、美しい姿勢をサポートします。
骨盤を軽く前傾させることで、上半身が骨盤の上に真っ直ぐ乗り、背筋が伸びます。

履き心地が楽で、ボトムパンツにも響かないので、毎日ケアできるのが嬉しいですね。

まとめ

産後の骨盤矯正用ガードルは、産後の骨盤の歪みが気になる人には、手軽に試すことができるアイテムです。

産後のスタイルの悩みを、履くだけで解決してくれるものや、快適に日常生活を送れるようになるなど、メリットもたくさんあります。

歪んでしまった骨盤は、生活習慣や、インナーマッスル不足が影響している可能性があります。

あくまでサポートとして、産後の骨盤矯正用ガードルを使用し、悩みの根本解決は、専門の接骨院や整体院を利用するのが良いでしょう。

藤接骨院では、産後の骨盤矯正の施術と合わせて、インナーマッスルトレーニングも行い、歪んだ骨盤をさまざまな角度からアプローチしていきます。

藤接骨院は、産後ママのための骨盤矯正プログラムもご用意しています。

産後の不調でお悩みの方や体の歪みの根本解決をしたい方にオススメです。


ホームページ限定特典LINE友だち追加で

LINE予約の手順

友だち追加→ご希望日時を送信→当院よりご連絡→ご予約確定

友だち追加

STORES店舗一覧